COURSE コース
開催中

親育プログラム修了生のための
アドバンス講座

講師:
熊野 英一

プログラム詳細

親育プログラムでの学びを継続することで、自分や他者を勇気づけられる人を目指します。
bon voyage 有栖川が監修する全てのプログラムのうち、いずれか一つ以上を修了された方とそのパートナーを対象としたアドバンス講座です。未受講のプログラム講師とも交流が持てるプログラムとなっています。
各プログラムを修了された方は、アドラー心理学の「ほめるでも、叱るでもない【勇気づける】コミュニケーション」を充分に理解し、学んだことを実践に活かせるフェーズまで成長されています。
しかし、自分を勇気づけ、子供やパートナーなど他者を勇気づけられる人になるためには、継続的な学習を通して
<アドラー心理学幸せの3条件>
1:自己受容=ありのままの自分を認めることができる
2:他者信頼=周囲の他者を無条件で信頼できる
3:他者貢献=自己犠牲を払うことなく、他者に貢献したいと思える
を満たせるようになることが必要です。

[身につく力・育む力]

この講座では、bon voyage 有栖川代表の熊野の著作「アドラー・子育て親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書~父母が学べば、子どもは伸びる~」をテキストに用い、アドラー心理学をベースとしたコミュニケーション・スキルを、講義・ケーススタディ・実践報告・ディスカッション等、多様なプログラムを通じて、復習していきます。

[注意事項]

※講師は、熊野英一の他、各親育プログラム担当講師が登壇する場合があります。
※このプログラムは小学生以下のお子さまがいらっしゃる保護者さまが対象となります。

監修:
bon voyage 有栖川
開催日:
2017年1月20日(金)-3月24日(金)
教室:
伊勢丹会館5階=マナビアイ/ココイク room ii
対象:
保護者さま
時間:
金曜1限(10時45分~11時30分)
定員:
12名
受講費:
64,800円

講師紹介

熊野 英一[くまの・えいいち]

熊野 英一(くまの・えいいち)

bon voyage有栖川代表。2007年株式会社子育て支援を創業、代表取締役社長に就任。累計6万人超の保育実績を有する。2012年【bon voyage有栖川】を開設。ほめるでもなく、叱るでもない【勇気づける】子育ての普及に努める。米国インディアナ大学経営大学院 MBA。日本アドラー心理学会 正会員。

セッション詳細

 
アドラー心理学と子育て・親育て
[具体的な内容] 子どもの自立に必要な「親の自立」
[ねらい] 子育ての「計画と指針」の見直しに役立つアドラー心理学のポイントを理解する。子どもの自立には、親の自立が必要であることを知る。
子どもの自立を支援する親(1)
[具体的な内容] 母性と子どもの自立の関係
[ねらい] 母性の本質とは何かについて理解を深めます。子どもが成長し自立していく上で、親は母性をどのように発揮すべきかを学びます。
子どもの自立を支援する親(2)
[具体的な内容] 父性と子どもの自立の関係
[ねらい] 父性の本質とは何かについて理解を深めます。子どもが成長し自立していく上で、親は父性をどのように発揮すべきかを学びます。
アドラー 幸せの3条件(1)
[具体的な内容] 自己受容とは
[ねらい] 親も子も、幸せのスタート地点は常に「自己受容=ありのままの自分を認めること」であることを理解し、いくつかのケースで理解を深めます。
アドラー 幸せの3条件(2)
[具体的な内容] 他者信頼・他者貢献とは
[ねらい] 信頼する他者に対して貢献することに喜びを感じられる、協調精神を育む子育てについて復習します。家庭でのお手伝いの大切さについて考え、実践報告、ディスカッションを行います。
課題の分離
[具体的な内容] 子どもの課題への介入が子どもの自立を阻害する
[ねらい] 目の前の課題の責任は誰にあるのかを知ること、子の課題、親の課題の分別をつけること、親子の共同の課題になる場合を学びます。希望者による公開カウンセリングを行います。
自然の結末
[具体的な内容] 子どもを信じて見守る
[ねらい] 「自然の結末」の意味と、信じて見守ることの大切さについて復習します。希望者による公開カウンセリング・講義・ディスカッション、受講者同士の勇気づけを行います。
論理的結末
[具体的な内容] 子どもの責任感を育む
[ねらい] 「論理的結末」の意味と、ルールの適用と罰の設定の違いを復習します。希望者による公開カウンセリング・講義・ディスカッション、受講者同士の勇気づけを行います。
家族の雰囲気
[具体的な内容] ライフスタイルの形成過程を知る
[ねらい] 兄弟順位、家族の雰囲気や価値観による、お子さまのライフスタイルの形成について復習します。希望者による公開カウンセリング・講義・ディスカッション、受講者同士の勇気づけを行います。
総まとめ【勇気づける】子育てとは
[具体的な内容] アドラー的子育ての実践
[ねらい] 全セッションを通じた自分や家族の変化を振り返り、分かち合います。「勇気」とは、困難を克服するチカラです。自分自身、お子さまやパートナー、周囲の人々を勇気づける考え方の総まとめを行います。