COURSE コース
受付
終了

親子で愉しむモンテッソーリ

講師:
菅原 陵子

プログラム詳細

各ご家庭のカウンセリングと、ご自宅で出来るモンテッソーリ教育法をご紹介。

家庭での育児のなかで、うちの子は「どうして、そんなことをするのだろう」「どうして、同じことをし続けるのだろう?」と不思議に思ったことはないでしょうか。
その「どうして?」の理由を知っていると知らないとでは、ご家庭でのお子さまの接し方に大きな違いが生まれます。
この時期に育児を楽しくするコツを知っておくと、2歳以降の子育ての負担が減り、親子関係を整えることにつながっていきます。モンテッソーリ教育は、子どもの「どうして?」を科学的に捉え、100年以上の歴史がある「いいもの」がたくさん詰まったメソッドです。

[身につく力・育む力]

クラスでは、ご家庭でできるモンテッソーリ教育をご紹介。各ご家庭のカウンセリングも行いながら、お子さま一人ひとりの「その子らしさ」を見つけて伸ばすヒントを見つけます。

[注意事項]

※保護者さまを対象にしたクラスですが、お子さま同伴で受講可能です。お子さまの様子を拝見しながら、お一人お一人に合わせた活動や、言葉がけなどもご紹介いたします。
電話 :03-3225-2728(直通)

開催日:
2017年1月16日(月)-3月20日(月)
教室:
伊勢丹会館5階=マナビアイ/ココイク room ii
対象:
保護者さま
時間:
月曜3限(1時45分~2時30分)
定員:
12名
受講費:
64,800円
教材費:
10,800円

講師紹介

菅原 陵子[すがわら・りょうこ]

菅原 陵子(すがわら・りょうこ)

雑誌編集者を経て、モンテッソーリ教師(0-3歳、3-6歳)を取得。自らの子育てに生かすとともに、幼児教室「リトル・モンテッソーリ」を主宰。子ども一人ひとりの「その子らしい育ち」と、小学校以降で伸びる子どもになるための活動を大切にしている。幼少期の育ちを支える小学受験の指導や、白金台にあるファミリアプリスクールのプログラム開発にも携わる。

セッション詳細

 
どんな大人になってほしい? 1月16日(月)開催
[具体的な内容] どんな大人になってほしいのかを考えます。
[ねらい] 子育ては、パーソナルなもの。塾やお教室は育てるお手伝いはできますが、最終的に「どんな子どもになってほしいか」を決めるのはご家庭です。これから続く長い子育てで、親として何を願っているのか、今の気持ちをあらためて見つめます。周りの人に流されない、親子で歩むために大切にしたいことを見つけます。
3歳児神話ってホント? 1月23日(月)開催
[具体的な内容] 3歳までに伸ばしたいことを考え、3歳以降の育ちとの関係を紐解きます。
[ねらい] 3歳までに大事なことは何でしょう?
どうして3歳児神話といわれるようになったのかを知り、子どもの3歳までの成長とそれが3歳以降にどうかかわってくるのかをご紹介します。豊かで楽しい子育ての時間が持てるたくさんのTIPSをご紹介。
同じことを繰り返すのはなぜ? 1月30日(月)開催
[具体的な内容] 子どもは自分で伸びるチカラがあります。「敏感期」の捉え方を体感します。
[ねらい] 「子どもが一番伸びる時期」をどうとらえ、伸ばしていくのかをご紹介。
モンテッソーリ教育でよく耳にする「敏感期」。この敏感期に見られる行動は、大人から見たら奇妙で迷惑なこともたくさんあります。成長と感じられないことで、意外に子どもを傷つけてしまうことも。そうならない「子どもを見る目」を身につけましょう。
いま何ができるのかの見つけ方 2月6日(月)開催
[具体的な内容] お子さんの成長に合わせた「できること」の変化を知ります。
[ねらい] 特に0-2歳の「できる」「できた」はカラダの成長とも深く関係します。大人は目に見える成長を子どものすべてと思いがちですが、子ども達は毎日同じ活動をしているようでも育んでいるものは毎日違う、子どもの「できる」の捉え方をご紹介。比較しない、焦らない、怒らない。褒めどころがわかる。親子で共に育っていくための基本的な着眼ポイントがわかります。
0-2歳までに経験したいこと 2月13日(月)開催
[具体的な内容] 手と目と足を使いたい!
[ねらい] 0-2歳のお子さんによくみられる行動と家庭でのサポートについてご紹介。
実際にモンテッソーリ教育で使用する道具を使いながら、ご家庭でできるモンテッソーリ教育的関わり方をご紹介。ご家庭でもできて、子どもが見違えるほど変わる関わり方と道具の作り方をお伝えします。
どうしたらできるようになる?(1) 2月20日(月)開催
[具体的な内容] 出来るようになるための環境の準備
[ねらい] 幼児期の子ども達の一番の気持ちは「自分でできるようになりたい!」です。そこにどれだけ寄り添うかがとても大事。特に日常の暮らしをきちんとしていくことが自立の一歩になっていきます。親が過剰に手をかけなくてもできる子になるための、お部屋づくりやモノの整え方をご紹介。
どうしたらできるようになる?(2) 2月27日(月)開催
[具体的な内容] 小さな大人としての接し方を体験します。
[ねらい] ものを与え、お教室に通わせたって変わらないもの。それは「ご家庭での育てられ方」です。お子さんの立居振る舞いや考え方を一生ものにするための関わり方のコツは、「出来ないのではなく、やり方を知らない一人の人」としてとらえること。それは具体的にどういうことなのか、また、お互いがストレスにならない接し方を体験します。
声掛け上手になろう(1) 3月6日(月)開催
[具体的な内容] 心に響く話し方、沈黙の時間の持ち方を考えます。
[ねらい] 会話の質に注目します。オープンな質問とクローズな質問、素直に褒めるかちょっと落としてから褒めるのか、結果を褒めるのか、過程の良さをていねいに伝えるのか等、ちょっとしたコミュニケーションで子どもは大きく変わっていきます。言葉の質の違いと、ご自身の話し方の癖を感じてみましょう。
声掛け上手になろう(2) 3月13日(月)開催
[具体的な内容] 心に響く話し方、沈黙の時間の持ち方を考えます。
[ねらい] 待つ時間に注目します。
「教えてあげないとならない」と思っていると、子どもに色々な声をかけがちです。時間に余裕がないと、お子さんの複数のサインや「初めて」を見逃しがちです。わかっているけど…できていない、『時間』の作り方を一緒に考えていきます。
子どもに合わせておもちゃを選ぼう 3月20日(月)開催
[具体的な内容] 市販のおもちゃをどう生かすかを考えてみます。
[ねらい] 発達に合わせたおもちゃを、どう用意し、子どもの様子を見ていくのか。実際に用意したものを見て個別にアドバイスいたします。成長に合わせてものを用意する視点が身につくと、例えば小学校のお受験でも「焦らない」「怒らない」=子どもをダメにしないで伴走できるようになります。