COURSE コース
受付
終了

操体教室

講師:
星 透

プログラム詳細

年齢にあわせたアクティビティを通して、カラダの動かし方の基礎を育みます。
ひとの神経系統は4~5歳ころまでには成人の80%程度まで成長を遂げると言われています。この時期は、さまざまな神経回路が形成されていくと同時に自分の身体をコントロールする「コツ」つまり上手に操縦する術を身につける時期でもあります。それぞれの能力を統合させることによって変幻自在に自分の身体を操作できるようになり心身ともに逞しく育っていく器を大きくするものです。このプログラムは、多彩な身体動作を通じ子どもたちの身体が求める様々な刺激を与え、神経系の能力発達と身体の操作法の習得を目指します。

トライアル
●日時:12月22日(木)
1-2歳、保護者さま:12時15分~1時15分
2-3歳:3時15分~4時15分
●受講費:3,240円
●伊勢丹会館5階 = マナビアイ/ココイク

ご予約は12月7日(水)から12月21日(水)閉店時(8時30分)まで承ります。
※お電話予約は12月7日(水)3時より承ります。

お問い合わせ:
伊勢丹新宿店本館6階=センターパーク/ココイクパーク
03 (3225) 2728直通

[注意事項]

※動きやすい服装でご参加ください。
※タオル・水筒をお持ちください。

開催日:
2017年1月19日(木)-3月23日(木)
教室:
伊勢丹会館5階=マナビアイ/ココイク room ii
対象:
1-3歳、保護者さま
時間:
[1-2歳、保護者さま]木曜3限(1時45分~2時30分)
[2-3歳]木曜4限(3時15分~4時)
定員:
12名
受講費:
64,800円
教材費:
14,040円

講師紹介

星 透[ほし・とおる]

星 透(ほし・とおる)

自然の理にかなったカラダの動作を研究。体育教師に対する講習会や福島の幼稚園・保育園・小学校において、子ども達の身体の発達・発育を促すプログラムを実施。自分の身体を上手に操作できるコツを習得できるように指導。

セッション詳細

 
可動域の拡張
[具体的な内容] 脳とカラダの連携がスムーズになるように、手と足を自由に操縦できるようにします。
1)身体の発育発達について、主に股関節・腸腰筋、肩甲骨周りの可動域を広げ自由に動かせるようにする。
2)高反発マットを利用したハイハイしながらの昇降、指導者をマネしてもらい、肩・脚の動作をスムーズにします。
[ねらい] 股関節・腸腰筋の可動域を広げ自由に動かせるようにします。
体幹・姿勢制御
[具体的な内容] 脳とカラダの連携がスムーズになるように、手と足を自由に操縦できるようにします。
1)正しい姿勢、ポジションを知り身体をバランスよく保つ、保育士や指導者とで行うバランス制御
抱かれる・座る・立つ(楽に抱かれる・座る)
2)高反発マットやカラーマット上で立つ・座る・歩く、座った姿勢から後ろや横へ転ぶなど(これらから派生させた動きを行います)
[ねらい] 正しい姿勢、ポジションを知り身体をバランスよく保つ方法を学びます。
定位能力
[具体的な内容] いろいろな動物や忍者の修行などを通して、カラダの操縦法を体感して、会得していきます。
1)相手や物体などと自分の位置関係を把握する能力を高めながら視野を広げます。
2)「ハイファイブ」やボール転がしストップ、マットを積み重ねた上に大勢で一緒に乗ったり一列に並べたマットの上を双方向から渡ったりしながら定位能力を高めます。
[ねらい] 相手や物体などと自分の位置関係を把握する能力を身につけます。
変換能力
[具体的な内容] いろいろな動物や忍者の修行などを通して、カラダの操縦法を体感して、会得していきます。
1)状況に合わせて素早く動作を切り替える能力
ゆっくりとすばやくの切り替え遊びを通じた変換能力の向上を目指します。
2)指導者の合図にあわせた(レディ・ゴーなど)動きの切り替え
音楽の強弱・緩急を利用した動きの切り替えなど行います。
[ねらい] 状況に合わせて素早く動作を切り替える能力を身につけます。
連結能力
[具体的な内容] 関節や筋肉の動きをタイミングよく無駄なく同調させることを可能とし力加減やスピード調整によって動きをスムーズにすることができるようにします。
1)身体全体を無駄なくスムーズに動かす能力
多彩な動きを行い全身の運動をつなげます。(ごっこ遊び・まねっこあそび)
2)重ねたマットからジャンプして飛び降りる・指導者の手の動きやカラダの動きを真似ます
(手のひらグーチョキパー・全身グーチョキパー・脚でのグーチョキパーなど)
[ねらい] 身体全体を無駄なくスムーズに動かす能力を身につけます。
識別能力
[具体的な内容] 手や足、頭部の動きを微調整する際の視覚との関係を高め用具(道具)操作を精密に行うことを可能とするように
1)身体をその状況に合わせて正確に動かす能力 重さ・速度の関係を遊びを通じて感じます。
2)指導者が一瞬した形をそのまま真似ていろいろ繰り返す、マットを間隔をあけて並べマットを踏まないように通り抜けるなど行います。
[ねらい] 手や足、用具などを正確に動かす能力を身につけます。
反応能力
[具体的な内容] 合図を素早く察知し、適時に適切な速度によって、合図に対する正確な対応動作を行います。(合図は聴覚だけでなく触覚・筋感覚も含めて行う)
1)合図に素早く反応し適切に反応する能力を高めます。
2)全身むすんでひらいてや掛け声や合図にあわせたジャンプ・ダッシュなど
[ねらい] 合図に素早く反応し適切に反応する能力を身につけます。
リズム能力
[具体的な内容] 目や耳からの情報を動きによって表現することが可能になり、イメージとして持っている動きのリズムの現実化を可能にするよう
1)動くタイミングを上手につかむ能力
リズム感を高めながら視野と動作の連動を図ります。
2)細かい歩き・横歩き・その場でのカラダの上下を子どもの発育に合わせながらスピードや歩幅を細かく変化させます。
[ねらい] 動くタイミングを上手につかむ能力を身につけます。
バランス能力
[具体的な内容] 空中や動いているときの全身のバランスを保つことや、崩れた体制を素早く立て直すことを可能にします。意図的にバランスを崩したうえで行います。
1)平衡感覚を正しく保つ。崩れた体制を立て直す能力を高めます 。
2)片足立ちやマットの上での足踏み・ゆっくり歩きなど行います。
[ねらい] 平衡感覚を正しく保つ。崩れた体制を立て直す能力 を身につけます
感覚の統合
[具体的な内容] 1)身体を自分の意志で自由に動かすことができるよう、各能力を統合させます。
2)自然の理にかなった上手な身体の使い方を習得します。
[ねらい] 身体を自分の意志で自由に動かすことができるよう、各能力を統合させます。